旅の途中で

<情熱のシーラ>
0

    <情熱のシーラ>

    シーラ

    (tv画面からのものです^^)

    NHKが日曜日PM11時から放映していていた
    ドラマ<情熱のシーラ> (スペイン)をご覧になったことが
    ありますか? 私も偶然見つけて、嵌まっています。

    時は1940年頃のスペイン。
    既に14・5話は終わっていましたが、
    その主役の女優さんの魅力的な容姿やコスチューム、
    オールロケという背景の美しさに魅了されています。


    ドラマは何やら不穏な時代の中、
    ミステリーに進行するのですが、
    私は一人、主人公と彼女を取り巻く全ての物に
    興味深々で観ています?

    それにしてもポルトガルのリスボンもモロッコも、
    本当に美しく(オールロケ)、 主人公のシーラの着る
    クラッシカルな衣装やスタイルが素敵です!





    リスボン


    実は我が家の9月のカレンダーを捲った途端、
    憧れのポルトガルのリスボンの市電が現れました!
    そして、その日の内にこのドラマに遭遇したのでした。
    主人公が、このポルトガルのリスボンにやって来た、
    という場面に遭遇して、魅せられました。
    …一人興奮状態ですみません??
    古い友人達に連絡をとり、盛り上がりました。
    結構皆観ていました(^_^)v
    何度もこの地を訪れた友人の説明も熱が入っていました。

    このリスボン郊外にサンタクルスという漁村があります。
    ここはかの有名な小説家檀一雄が
    晩年、この地で「火宅の人」を、
    1年半掛けて執筆した場所でした。

    同時期、私の絵の恩師がかってスペインに
    留学(遊学)していた折りに、
     檀さんに偶然遇い、檀さんのポルトガルの
    サンタクルスの家にお邪魔したり、
    ヨーロッパを共に旅した、とお聞きしました。
    そして、檀さん亡きあと有志で,
    この海岸に碑を建立したのでした。

     【落日を  拾いにゆかむ  海の果て】(句碑)

    もう遠くに行ってしまった記憶のを中に、
    そして偶然見たドラマの中に、
     懐かしいあの頃を思い出させてくれる出来事でした。
     日曜日の夜、NHKで11時からです。

    このブログをアップ出来ず、がっかりしていましたが、
    前述の記事がやっとアップが可能になり、
    9月に書いたこのページも1ヶ月遅れでアップ出来ました。
    しかし、このドラマは先日(10月4日)が
    最終回で終わってしまいました





     
    | 日々雑感 | 13:04 | comments(2) | - | - | - |
    <ノーベル賞・おめでとう!!>
    0

      <ノーベル賞・おめでとうございます!!>

      ♪追記あり

      大村智


      この所、自分の管理者ページに入室できませんでした^^;
      何はともあれ、一言と思いページを開いたところ、
      なんと、今日はすんなり入れました。
      という訳で、この大村智先生の記事をアップ出来ました。



      それにしても地元は沸いているらしいです。
      御出身の韮崎高校には、現役で友人が教師をしていますし、
      親戚の画家も遠い昔、教師をしていました。

      何よりもインタビューでお答えになる
      先生の、気さくな姿が印象的ですね。
      昨夜のNHKのニュースで知ってから
      郷里の親戚や友人に電話したいの心、
      やっと、抑えています。

      ご自分の美術館の中がちっらと映りましたが、
      あの堀文子さんの原画も展示してありました。
      あー、あの美術館の所蔵していたものなのですね。
      帰省の折の楽しみが増えました。

      大村先生、本当におめでとうございます!!

      ♪♪♪


      追伸



      梶尾


      物理学賞に梶田陸章氏に!

      物理の世界はさっぱりだけど、
      又々の日本人の快挙に日本中が興奮しましたね。

      暗いニュースが続いた昨今、本当に国民に
      勇気と希望と感動を与えて頂きました。

      そして、お二方の謙虚と、感謝する心に、
      感動を頂きました




       
      | 想い | 11:04 | comments(0) | - | - | - |
      家族
      0

        <家族>

        久々パソコンを開けて見たものの
        8月のブログを一度も更新してなかった(>_<)

        余りの酷暑に遠出もしなかった割に、
        何故か多忙でした。

        今月は、お嫁さんのB・D、お盆の集まり、
        小さな孫のB・D…と、
        結構家族が集まる機会が多く、右往左往!

        それでも小さな孫が1歳のお誕生日を無事迎えられ、
        大きな孫(娘の息子)も、
        久々のチビとの再会で嬉しそうでした。
        小さな従妹がよほど可愛かったのでしょう、
        一生懸命に写真を撮っていました。




        eren2


        息子宅での小さな孫のB・Dは、
        お嫁さんのママも見えて、
        ささやかなB・Dバーティーをしました。
        「いないいない、ばー」を、
        一生懸命演じる姿は健気でした。





        火花


        又吉直樹の「火花」 お読みになりましたか?
        速読型の私にとっては珍しく、
        一語一句丁寧に読みました。


        丁寧な、それでいて静かな愛のある語り口…。
        売れない芸人の話ではありますが、
        なんて優しい人柄だろうと!


        先日のテレビに、○聴さんと
        林真○子さんが出ていらして、その話題になりましたが、
        ○聴さん「お上手ですね。
        でも、どうしてあんなに売れるのでしょうね?」
        林さん「又吉…またきち…花火…huhuhuhu」
        ベテランが皮肉っていました(^_-)

        そういうベテランさんの書くものも???
        今、こうした誠実な
        何気ない日常の庶民らしさが、
        求められている時代でもあるかもしれせんね。

        NHK「ファミリーヒストリー」での
        又吉直樹も又、良かったです!
        沖縄のオバー(オバアチャン)を中心に
        大ファミリーに囲まれた又吉の笑顔が、
        幸せそうでした。
        「直樹ありがとね!」…と口々に言われて、
        何よりも嬉しかったのでしょう。
        この時期に、
        ご先祖様供養にもなった事でしょう。




         
        | 想い | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
        <宇宙飛行士・油井さん宇宙へ>
        0

          <宇宙飛行士・油井さん宇宙へ>



          宇宙飛行士



          宇宙飛行士油井亀美也さんらが乗った
          ソユーズ宇宙船が23日午前3時2分、
          カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から
          打ち上げられた。
          ばんざーい!!

          日本中が見守る中、見事打ち上げに成功し
          その6時間余りでISSに合体した。

          そして、船内からの映像!
          感激、感激!!
          何よりも、それを見守る父上の姿に、
          感激しました。

          「火星に行くと言った少年が、
          スーパーマンになっちゃた」


          多くの子供たちにも夢を与え、
          その成功は、日本中を照らしてくれました。

          有難う、有難う!!

          画像はTVよりのものなのでちょっと酷いですが、
          お許し下さい。


          昨夜アップする予定が、興奮して途中でダウン(*^_^*)





           
          | - | 13:16 | comments(0) | - | - | - |
          <ヘブンリーブルーが咲いた!>
          0

            <ヘブンリーブルーが咲いた!>


            カーテンを開けた途端、ブルーが目に飛び込んできた!
            朝顔・ヘブンリーブルーが咲いた!



            buru-3


            2ヶ月前種を蒔いた沖鈴は、にょきにょき芽を出し、
            マンションの中庭にもおすそ分けした。

            なのに「
            ヘブンリーブルー」の朝顔の種は、
            とうとう発芽しなかった。
            あちこちの園芸店を回ったけれど、
            時既に遅く、苗も見当たらなかった。

            やっと見つけたそれは、息も絶え絶えの弱った一株!
            特価品売り場にあったそれは、150円。
            隣にあったピンク共々、枯れそうでした。

            南側のベランダは日差しがきつく、
            いままでも夏は沖鈴も育たなかった。
            今年は日陰の長プランタンに植えたところ、
            沖鈴はあっという間に蔓を伸ばしました


            その横へ植えたピンクの朝顔が、先日2輪咲いた。
            よれよれブルーは蔓が延びたけど
            期待していなかった。



            buru-1


            それが今朝の快挙!
            待っていたのよ、そのブルーの顔!
            良く咲いてくれたね、と撫でてみたいくらい
            嬉しかったです^^



            buru-2


            この夏はブルーの朝顔と沖鈴の実の
            競演が見られそうでワクワクしています。



             
            | 花たち | 15:05 | comments(0) | - | - | - |
            <6月はブルー>
            0

              <6月はブルー>


              久々開けたパソコン…。
              6月のアップが一件も出来なかった!(^_^.)
              それなのに沢山のアクセスを頂いて、
              心からお礼申し上げます。



              紫陽花


              夫の三回忌を終え、ほっとしたと同時に、
              すっかり寂しくなりました。
              痛めた腰の治療に通う日々も
              堪えています。

              でも、時々訪れてくれる孫に
              癒される日々を送っています。
              これこそ、夫からの贈り物かな?と
              勝手に思っています。




              孫



              先日も、プールで初泳ぎの画像が、
              息子夫婦から送られて来ました。
              水を怖がる様子もなく、
              浮き輪に入って、悦にいってたとか!
              向日葵のような画像に和みました(^^♪


              今頃、梅雨入りとか!
              日本各地、土砂災害が起こらない事を
              願っています。



               
              | 想い | 14:24 | comments(2) | - | - | - |
              「緑のコンサート」
              0

                緑のコンサート


                ロープウエー1


                新神戸駅の直ぐ横からゴンドラに乗って
                布引ハーブ園の「森のホール」で開催された

                「緑のコンサート」にお誘いを受け、
                行ってきました。
                雨の予報が外れ、薄日の射す好日になりました。



                ロープウエー2


                途中、神戸の水瓶のダムも見えます。
                10分足らずでもう山頂です。
                眼下に神戸の街が見渡せます。



                ロープウエー3


                緑滴るる山頂のホールは
                全て木で作られていて、
                ほぼ円形のホールは、300人位収容の
                可愛い建物です。




                森のホール1


                ホール外


                出演者は平均年齢が82歳とかで、
                シルバーカレッジを卒業した方々の集まりとか!

                全員が日本語はもちろんの事、
                イタリア語、ドイツ語、英語で歌われました!
                盛装した紳士淑女の晴れ姿に感動しました。
                招待して下さったのは、
                今のコーラスの最年長のお姉さん!
                「楽しかったわ!」…夜、御礼の電話を頂きました。






                 
                | 四季折々 | 14:57 | comments(0) | - | - | - |
                <堀文子展>
                0

                  <堀文子展>


                  県立美術館

                  兵庫県立美術館


                  堀文子


                  堀文子展「一所不在.旅」(ひとりで生きる)…。

                  大きな衝撃をうけました。
                  その生き方に、画風に!
                  型に嵌まることもなく、奢ることもなく、
                  しかも自由に…。しかし

                  「“自由は命懸けの事、
                  “群れない、慣れない、頼らない”をモットーに
                  好奇心を生涯保ち通している」
                  と語る
                  プロモーションビデオの中の堀さんは、
                  97才とは思えないほど、美しく聡明で品よく、
                  感動しました。

                  1918年生まれ。
                  ご主人を1960年に亡くされたとか!
                  一つの所に安住することなく、
                  一筋の道を歩き続けている姿に
                  何度も心打たれました。

                  展覧会が終わる前に、
                  もう一度観に行きたいと思いました。



                  扇子


                  図録を購入したらこんな素敵な扇子が付いて来ました。

                  そして、又行ってきました(^^♪
                  以前にも増して熟年の女性の
                  鑑賞者が多かったように思えました。




                  青春


                  美術館の外へ出ると其処はウォーターフロント。
                  若い女性たちが青春していました。
                  ド・ソ・ミ・ソ♪〜
                  悩み多き青春時代も又、ほろ苦く懐かしいですね。



                   
                  | 想い | 10:50 | comments(0) | - | - | - |
                  <母の日>
                  0

                    <母の日>

                    母の日の日曜日、娘に久々映画に誘われました。
                    何とデイズニーの「シンデレラ」…。
                    それも原語バージョンが取れなかったとかで、
                    日本語バージョン!



                    シンデレラ


                    エツ?と、思って行ってみたのですが、
                    案の定、日曜日の映画館は子供連れで一杯!


                    ところが、上映が始まると映像の楽しさ、
                    美しさに引き込まれて行きました。
                    同時に、楽しい画面になると、一斉に子供達の
                    可愛い笑い声があちこちから聞こえてきて、
                    思わず、暗闇の中で嬉しく楽しくなり、
                    暖かい気持ちになりました。

                    童心に帰ったような楽しい「母の日」でした。




                    えれん


                    いす


                    前日は、息子一家がカーネイションを届けに
                    来てくれました。
                    孫用に小さい食堂用椅子を購入して
                    キティちゃん柄でクッションを作り
                    待っていました。
                    嬉しい顔。。。少しお姉ちゃんになった孫は、
                    照れ臭そうに座ってくれました。
                    ほっ!

                    小さなささやかな日常の日々に感謝しました。

                     
                    | - | 12:19 | comments(0) | - | - | - |
                    <花脊に春を求めて…3>
                    0

                      花脊に春を求めて…3


                      もう何十年前になるでしょう?
                      いろいろな小説やエッセイーで
                      そのお寺が気になり、
                      夫に頼んで車で行ってみました。



                      常照皇寺1


                      周山街道の奥の奥、そのお寺は
                      ひっそりと佇んでいました。
                      まだ駐車場もなく、4月の末故、
                      桜の花の時期は終わっていましたが、
                      何故か心安らいだのを覚えています。
                      それが常照皇寺でした。



                      常2


                      光厳天皇手植えの桜のココノエ桜、
                      後水尾天皇の一重と八重が
                      一枝に咲くミクルマガエシの桜、
                      岩倉具視が御所紫宸殿より移植された
                      左近の桜…等々。



                      常3

                      常4

                      常5

                      常6

                      常7


                      今回も決してベストシーズンではなかったけれで
                      ひっそり、それでいて荘厳な佇まいで
                      咲いていてくれました。

                      ここでは余り時間がなく、
                      ゆっくり出来なかったのが残念でしたが、
                      京都街中と違って人影もまばらで、
                      絹糸のような春雨がそぼ降る中での観桜は、
                      心に沁みました。




                      常8


                      参道の入り口に今を盛りの八重桜が、
                      お迎えと見送りをしてくれました。

                      ちょっと贅沢だった私の春♪でした。



                      番外   孫とおはなみ…

                      お花見

                      4月7日に孫一家と訪れた動物園では、
                      生まれて初めて観た桜に、孫も嬉しそうでした♪
                      散り始めた桜の花びらがピンクの絨毯のようでした。



                       
                      | 四季折々 | 12:17 | comments(2) | - | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Mail
                      + Revlver Maps
                      + More
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ