旅の途中で

<ろまつ号乗車>
0

    くろまつ号乗車


    初秋の一日、日帰りバスツアーに一人参加で行ってきました。

    あのななつ星in九州の車両をデザインした
    水戸岡 鋭治さんデザインのダイニング列車の中で、
    お食事が頂けるというツアーでした。



    黒松号1


    京都の天橋立と兵庫の豊岡を一時間かけて、
    のんびり走りながら
    お食事を頂けるというものです。



    黒松号2



    黒松号4



    黒松号3


    木がふんだんに使われた車内は、落ち着いていました。
    持込の食材は決して◎ではありませんけど、
    こんな楽しい企画は、あちらこちらの鉄道で企画されると、
    ローカル線も、もっと活性化されそうですね。



    黒松号5


    月替わりで、メニューが変わるそうです。
    女性の一人旅の多いこと!
    お食事は、一人参加の女性とグラスビールを頂きながら、
    和気あいあいと楽しめました。

    さー、今度は何処に行きましょうか?


    追記


    黒松号 特


    夏には秋篠宮様 紀子様もお乗りになられたとか!


     
    | 鉄道 | 17:27 | comments(0) | - | - | - |
    <阪急甲陽線お散歩>
    0


       <阪急甲陽線お散歩>

       

      所用があり近くまで出かけたので、
      阪急甲陽線に乗りました。

      甲陽線は、兵庫県西宮市の夙川駅から
      甲陽園駅までを結ぶ2・2kmの
      たった3駅の可愛い路線です。

       


      夙川駅は夙川の河の上に建てられていて、
      今は冬枯れの松が殺風景ですが、
      春になると、河の土手に咲く桜の花で
      満開の時は花吹雪にも会え、素敵です。



      甲陽線2


      甲陽線3


      甲陽線4


      甲陽線5




      甲陽線6


      夙川駅を出た車両は単線で次の
      苦楽園口駅ですれ違います。


      甲陽線7


      苦楽園口を出た車両は甲山山麓の
      甲陽園駅を目指します。



      甲陽線8


      甲陽線9


      甲陽線10


      そしてもう終点…たった2・2kmの電車旅でした。


       

      | 鉄道 | 13:05 | comments(0) | - | - | - |
      <「神戸市電が走った街 今昔」>
      0


         <「神戸市電が走った街 今昔」>


        siden


        この本の著者は近所にお住まいの友人のご主人です。
        電車が好きな事をお話したら
        喜んでこの本を下さったのです。


        神戸っ子の知人にも言われました。
        「神戸は以前、市電が網の目のように
        走っていたのよ」と。
        年表によると、昭和46年に全ての路線が
        廃止になったみたいです。



        siden3


        siden2


        「又、ぜひ復活してください」と申し上げたら、
        「そういう話も出てはいるんですよ。」とのこと。
        実はこの方、昔、市のお偉いさんだったんです。


        ちょっとだけですが、ヨーロッパに旅した時、
        古い街々に路面電車がゆったり走っていて、
        本当にうやましかったです。
        必ず、乗ってみました^^


        国内でもまだまだ路面電車が走っている街があり
        羨ましい限りです。



        路面電車


        札幌でもこの春から、低床電車の導入が決まったと!!
        廃止された路線を復活させ、ループ化するとか!!
        凄いですね、万歳ですね、羨ましい限りです。
        何時か乗りに行きたいです。


        先述の本の「あとがき」にこんな言葉が記されていました。

        「…往時の市電は、そんな地域の生活に密着した
        手軽な乗り物で、まちとまちの間を軸になって
        結んでいたように思う。現代の私達が利便性と速さを
        追求するあまり、地下鉄や高速鉄道を拡大し、
        人間レベルの交通手段を振り返ることなく
        突き進んできたことを反省すべき時かもしれない。
        ヨーロッパや日本の中都市で大切にしている
        路面電車の今後の姿を楽しみにしていたい。…」


        追加

        ブリュッセル


        ベルギーの首都、ブリュッセルを走っている
        かわいい路面電車です。
        乗るとき切符を購入し、車内で自分でパンチします。
        自由行動の日、念願かなって乗ってみました。



        | 鉄道 | 23:09 | comments(2) | - | - | - |
        <智頭急行>
        0


          <智頭急行>


          長い間訪れたいと願っていた因美線の旅をしてから
          もう3年半近く過ぎてしまいました。
          (因美線の旅をクリックして下さい)

          その折、帰路は智頭急行沿いに戻ってきました。
          たった二駅に寄っただけでしたが、
          今頃ですがちょっとアップしてみたいと思います。


          musasi3


          musasi4



          musasi2


          isii6


          宮本武蔵生誕の地にある「宮本武蔵駅」は
          ホームには彼の雄姿が陶板で掲げられ、
          通り過ぎていく特急スーパーハクトを見送っていました。
          田園が広がる里山の真っ只中に建つホームは、
          日本そのものですね。




          isii2


          isii5


          isii1


          isii4


          この「石井駅」も里山のど真ん中にぽつんと建っています。
          たった一両の気動車が小さなトンネルから出てきて、
          そして又、トンネルの中に消えて消えて行きました。


          京都と鳥取を2時間半位で結ぶこの路線は、
          今はすっかり裏日本を結ぶ花形路線になりました。
          それ故因美線は衰退の一途を辿り、
          一日数本のローカル線になってしまいました。
          でも、それは時代の流れで仕方無い事でしょう。

          とはいえ、智頭急行も山中や里山を走り抜ける
          情緒ある路線でした。
          ローカル線は日本の風土に好く合いますね。

          あぁ、何時の日にか、ローカル線を訪ねる旅に
          又、行きたーいー!!



          因美・智頭


          位置関係の参考までに。


          | 鉄道 | 22:28 | comments(2) | - | - | - |
          <鉄子さん>
          0


             <鉄子さん

            2009年3月に急逝された真島満秀氏の
            数々の写真集は私の宝物です。
            どの写真集からも鉄道に対する優しさが
            伝わってきます。

            幼い頃、家の近くを(何回も書きました^^)
            一両の電車が走っていました。
            それは、母の実家に繋がる、
            たった一つの交通手段でした。

            それに乗ると、別世界に誘われる心躍る乗り物でした。
            独りでも、姉妹とも何回夢の国に行った事でしょう。

            そんな原風景があって、未だに鉄子さんなのです。
            北海道の友人と行った北海道ローカル線の旅は
            改めて、火をつけました。
            真島氏の青春18のポスターや
            写真集に触発もされました。

            家庭の事情で中々乗り鉄も出来なくなりましたが、
            せめて、真島氏の写真集や、多くの方の鉄道写真を
            拝見しながら、何時かは又…と夢見ています。




            2009・6
            因美線美作滝尾駅にて

            ラッチの向こうには青々した水田風景が広がっていました



            | 鉄道 | 17:04 | comments(0) | - | - | - |
            <鉄ちゃんな一日>
            0


               <鉄ちゃんな一日>


              菜の花畑2


              近くの丘に菜の花が満開になりました。
              花の咲く場所はこんな丘陵地。
              地下鉄が顔を出して走り抜けていきます。


              菜の花畑



              菜の花が咲く丘の近くに面白い場所があります。


              地下鉄


              鉄4


              地下鉄を撮っていたら、下を新幹線が通りました。


              新幹線


              鉄6


              新幹線を撮っていたら、上を地下鉄が通りました。

              粘っても撮れない時は撮れないものですが、
              今日は偶然撮った画像に、
              新幹線と地下鉄のコラボが写りました。


              以前、NHKのクイズ番組にも登場した事もあります。
              新幹線の上を地下鉄が走るという話題の場所なのです。



              少女


              日が傾き始めてた公園の片隅に
              変わらず静かに佇む少女。
              又来るわね。


              *画像を一部訂正させて頂きましたm(__)m


              ~~~~~~~~~~~~~~~~~

              3日〜4日、日本列島を通過した低気圧は
              猛烈な雨風で猛威を振るっていきましたね。
              皆様の所はいかがでしたか?
              被害がなかった事をお祈りしています。

              | 鉄道 | 21:38 | - | - | - | - |
              <踏み切り>
              0


                 <踏み切り>

                2・12…「須磨離宮公園」の帰路、
                晴天に恵まれてのんびりと山陽電車の
                「月見山駅」まで歩きました。


                踏み切り1


                踏み切りを見つけると、ついつい写してしまいます。

                危険と背中合わせのこの場所ですが、
                何故かワクワクしてしまいます。
                通過する列車にも旅情を感じます。


                月見山駅


                月見山駅2


                最寄の駅「月見山」

                以前は有人駅でしたが今はひっそり。
                でもローカル線のこの駅は、人に優しいのです。


                商店街


                月見山駅改札


                踏み切りを通らずに乗り降りが簡単だし、、
                何より、構内踏み切りもあるので安心です。


                構内踏み切り1


                構内踏み切り2


                構内踏み切り3


                構内にある遮断機は、すぐ横にある
                一般道の踏み切りと並んで昇降します。
                (当たり前かな?)


                間


                一般道の踏み切りと、構内踏み切りの間は
                僅かにこの距離。


                美しく


                「あなたも駅も美しく」^^


                線路3


                やれやれ


                お気に入りの駅にお別れして車上の人になりました。


                ==================

                追記


                嵯峨野の踏み切り


                以前撮った嵯峨野にある踏み切り。

                やはり好きな場所です。


                | 鉄道 | 15:18 | comments(6) | - | - | - |
                <おのぼりさん>
                0


                   <おのぼりさん>

                  今年もいよいよ終盤になりました。
                  夜中、画像の整理をしていたら、
                  昨年の暮れ、従兄の個展を観に
                  東京に行った時の画像が出て来ました。


                  トレインビュー



                  銀座での個展を観て、従兄姉達とお食事をして別れました。
                  「たまには一泊しておいで」の
                  家族の言葉に甘えてホテル泊。


                  この際、何と言っても「トレインビュー」のお部屋に^^
                  眼下には新幹線や在来線が休むまもなくやってきます。
                  ビール片手に飽きるほど前夜から眺めては、
                  ご機嫌な一時を過ごしました。



                  トレインビュー2



                  トレインビュー3




                  スカイバス


                  翌日は丸の内からスカイバスで
                  「スカイツリー工事現場を巡る」2時間ほどの
                  コースを見つけて乗って来ました。
                  オープンバスで、風当たりの凄まじい事!
                  それでも東京のビル郡を見上げながら
                  楽しい一時でした。


                  スカイツリー


                  この時すでに560m位でした。


                  イチョウ


                  まだ都内はイチョウの葉が沢山残っていて、
                  きらきら輝きステキでした。


                  ヒコウキ


                  久々、飛行機にも乗ることが出来、
                  たった一泊二日の旅はよい息抜きになりました。



                  | 鉄道 | 19:08 | comments(0) | - | - | - |
                  <地下鉄基地で遊ぼう>
                  0


                     <地下鉄基地で遊ぼう>

                    地下鉄1


                    車輪


                    こんな車中の広告を見て、初めて基地潜入。

                    あれ? どちらを見てもちびっ子連れの家族ばかり^^
                    私も、基地内には余り興味は沸かなくって
                    結局撮ったのは、生き生きとしたちびっ子達。


                    駅アナウンス1


                    駅アナウンス2


                    目を輝かせて、駅アナウンスに挑戦していました。


                    ボンネットバス2



                    ボンネットバス3



                    ボンネットバス1


                    そして、久々ボンネットバスの丸い車体に
                    ちびっ子達と同じく目を輝かせました^^

                    私は本当の鉄子ではなく、電車が走っている
                    風景が好きなんだな、と改めて自覚しました^^


                    | 鉄道 | 22:27 | comments(2) | - | - | - |
                    <因美線の旅5 智頭駅>
                    0


                       <因美線の旅5 智頭駅>

                      智頭駅1


                      智頭駅3

                      因美線はここで途切れ、鳥取へは隣のホームで乗り換えます。

                      智頭駅2


                      智頭町は杉の町として知られ杉林に囲まれた町は
                      昔から因幡街道の智頭宿として栄えてきたそうです。
                      そんな智頭も平成9年に智頭〜上郡間に
                      第三セクターが 開通して以来、
                      智頭駅は陰陽連絡幹線の拠点駅として変貌しました。

                      因美線の津山―智頭間はローカル線の一途をたどり、
                      同じ路線でも智頭―鳥取間は特急「スーパーはくと」や
                      「いなば」が走って重要幹線の一部に組み込まれ、
                      陰陽の物量の流れは大きく変わってしまいました。


                      智頭の街1


                      智頭の街2

                      智頭の町をちょっと散策してみました。
                      印旛街道沿いに古い家並みが続き、
                      レトロな建物が残っていました。

                      智頭の街3

                      古い豪邸石谷家の二階から先ほどの火の見櫓が見えます。


                      私の中国山地・因美線の旅はここで終るのですが、
                      帰りは智頭線沿いに南下して来ました。
                      特急が行きかう沿線らしく、
                      因美線と雰囲気も違い、時代の流れを感じました。

                      ~~~~~~~~~~~~~~~~


                      石井駅

                      長々とお付き合い有難うございます。
                      智頭急行沿線は何時か又、アップ出来たら?と思います。

                      | 鉄道 | 21:20 | - | - | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Mail
                      + Revlver Maps
                      + More
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ