旅の途中で

<ノーベル賞・おめでとう!!>
0

    <ノーベル賞・おめでとうございます!!>

    ♪追記あり

    大村智


    この所、自分の管理者ページに入室できませんでした^^;
    何はともあれ、一言と思いページを開いたところ、
    なんと、今日はすんなり入れました。
    という訳で、この大村智先生の記事をアップ出来ました。



    それにしても地元は沸いているらしいです。
    御出身の韮崎高校には、現役で友人が教師をしていますし、
    親戚の画家も遠い昔、教師をしていました。

    何よりもインタビューでお答えになる
    先生の、気さくな姿が印象的ですね。
    昨夜のNHKのニュースで知ってから
    郷里の親戚や友人に電話したいの心、
    やっと、抑えています。

    ご自分の美術館の中がちっらと映りましたが、
    あの堀文子さんの原画も展示してありました。
    あー、あの美術館の所蔵していたものなのですね。
    帰省の折の楽しみが増えました。

    大村先生、本当におめでとうございます!!

    ♪♪♪


    追伸



    梶尾


    物理学賞に梶田陸章氏に!

    物理の世界はさっぱりだけど、
    又々の日本人の快挙に日本中が興奮しましたね。

    暗いニュースが続いた昨今、本当に国民に
    勇気と希望と感動を与えて頂きました。

    そして、お二方の謙虚と、感謝する心に、
    感動を頂きました




     
    | 想い | 11:04 | comments(0) | - | - | - |
    家族
    0

      <家族>

      久々パソコンを開けて見たものの
      8月のブログを一度も更新してなかった(>_<)

      余りの酷暑に遠出もしなかった割に、
      何故か多忙でした。

      今月は、お嫁さんのB・D、お盆の集まり、
      小さな孫のB・D…と、
      結構家族が集まる機会が多く、右往左往!

      それでも小さな孫が1歳のお誕生日を無事迎えられ、
      大きな孫(娘の息子)も、
      久々のチビとの再会で嬉しそうでした。
      小さな従妹がよほど可愛かったのでしょう、
      一生懸命に写真を撮っていました。




      eren2


      息子宅での小さな孫のB・Dは、
      お嫁さんのママも見えて、
      ささやかなB・Dバーティーをしました。
      「いないいない、ばー」を、
      一生懸命演じる姿は健気でした。





      火花


      又吉直樹の「火花」 お読みになりましたか?
      速読型の私にとっては珍しく、
      一語一句丁寧に読みました。


      丁寧な、それでいて静かな愛のある語り口…。
      売れない芸人の話ではありますが、
      なんて優しい人柄だろうと!


      先日のテレビに、○聴さんと
      林真○子さんが出ていらして、その話題になりましたが、
      ○聴さん「お上手ですね。
      でも、どうしてあんなに売れるのでしょうね?」
      林さん「又吉…またきち…花火…huhuhuhu」
      ベテランが皮肉っていました(^_-)

      そういうベテランさんの書くものも???
      今、こうした誠実な
      何気ない日常の庶民らしさが、
      求められている時代でもあるかもしれせんね。

      NHK「ファミリーヒストリー」での
      又吉直樹も又、良かったです!
      沖縄のオバー(オバアチャン)を中心に
      大ファミリーに囲まれた又吉の笑顔が、
      幸せそうでした。
      「直樹ありがとね!」…と口々に言われて、
      何よりも嬉しかったのでしょう。
      この時期に、
      ご先祖様供養にもなった事でしょう。




       
      | 想い | 16:20 | comments(0) | - | - | - |
      <6月はブルー>
      0

        <6月はブルー>


        久々開けたパソコン…。
        6月のアップが一件も出来なかった!(^_^.)
        それなのに沢山のアクセスを頂いて、
        心からお礼申し上げます。



        紫陽花


        夫の三回忌を終え、ほっとしたと同時に、
        すっかり寂しくなりました。
        痛めた腰の治療に通う日々も
        堪えています。

        でも、時々訪れてくれる孫に
        癒される日々を送っています。
        これこそ、夫からの贈り物かな?と
        勝手に思っています。




        孫



        先日も、プールで初泳ぎの画像が、
        息子夫婦から送られて来ました。
        水を怖がる様子もなく、
        浮き輪に入って、悦にいってたとか!
        向日葵のような画像に和みました(^^♪


        今頃、梅雨入りとか!
        日本各地、土砂災害が起こらない事を
        願っています。



         
        | 想い | 14:24 | comments(2) | - | - | - |
        <堀文子展>
        0

          <堀文子展>


          県立美術館

          兵庫県立美術館


          堀文子


          堀文子展「一所不在.旅」(ひとりで生きる)…。

          大きな衝撃をうけました。
          その生き方に、画風に!
          型に嵌まることもなく、奢ることもなく、
          しかも自由に…。しかし

          「“自由は命懸けの事、
          “群れない、慣れない、頼らない”をモットーに
          好奇心を生涯保ち通している」
          と語る
          プロモーションビデオの中の堀さんは、
          97才とは思えないほど、美しく聡明で品よく、
          感動しました。

          1918年生まれ。
          ご主人を1960年に亡くされたとか!
          一つの所に安住することなく、
          一筋の道を歩き続けている姿に
          何度も心打たれました。

          展覧会が終わる前に、
          もう一度観に行きたいと思いました。



          扇子


          図録を購入したらこんな素敵な扇子が付いて来ました。

          そして、又行ってきました(^^♪
          以前にも増して熟年の女性の
          鑑賞者が多かったように思えました。




          青春


          美術館の外へ出ると其処はウォーターフロント。
          若い女性たちが青春していました。
          ド・ソ・ミ・ソ♪〜
          悩み多き青春時代も又、ほろ苦く懐かしいですね。



           
          | 想い | 10:50 | comments(0) | - | - | - |
          <辛い記憶>
          0

            <辛い記憶>

            すみません、チビと二人、風邪をひきました。
            ○○(愚息の名)さんは会社休めません。
            ちょっと、助けて下さい。」…嫁ちゃんのSOS。
            そして、その風邪を頂いてきた^^

            風邪などめったに引かない私が、頂いた。
            お嫁ちゃん、心配しないでね。
            もう大丈夫だから。



            僧


            そんな訳で、3・11の報道は、テレビ観戦となりました。
            久々観た津波の画像、は凄まじいものでした。

            政府主催の追悼式も又、テレビの前で。

            「生きていくことが恩返し」という宮城県代表の言葉に
            衝撃を受けました。沢山の苦難を乗り越えて
            立ち直っていく姿に、若者の強さを見ました。
            「行かないで…」の母の声を背に、
            津波を泳いで逃げた、この少女の胸の中は、
            今の私には辛いものがありました。
            この春、大学で防災学を学ぶというこの少女に
            何度でも思い出すであろうあの日の記憶に、
            思いを馳せました。

            先日観た、東京大空襲の画像も又、辛かったです。
            弱った体にちょっと応えた早春の日々。

            (画像はネットサーフィンで頂きました。
            支障あらば消去下さい)



             
            | 想い | 19:04 | comments(0) | - | - | - |
            <悲しい出来事>
            0
              <悲しい出来事>



              sika


              悲しい事件に遭遇しました。
              余りにも悲しいので、何か季節に合った画像を探しました。
              大分前のものですが(アップしたかも知れません)
              雪の奈良、東大寺南大門前に佇む、鹿を載せて見ます。
              日本って、平和ですね。




              後藤


              2月に入った途端に、異次元に迷い込んだような事件に
              遭遇してしまいましたね。
              平和ボケしていた日本人が、一瞬にして厳しい、
              世界情勢の渦の中に巻き込まれていきました。

              2月1日早朝、テレビが報じるフリージャーナリスト、
              後藤健二さん殺害の一報は、日本国民を震撼させました。
              こんな出来事は、現実として起こり得ないと思っていました。
              それも、動画付で!

              うっかりクリックしてしまって目に飛び込んで来た映像に、
              世界の現実を突きつけられました。
              その日も余り寝られず、鬱々としていた矢先、
              今度は、ヨルダンの人質のパイロット殺傷画像を見てしまいました。
              今の世に、こんな惨い現実が行われている事に耐えられません。


              シリアを含む、中東の情勢が悪化し始めた頃、
              友人がシリアにいました。
              首都ダマスカスでノンビリ優雅に暮らしていました。
              物価も安く、悠久の時が流れる石の遺跡を見に来ないか、
              と何度も誘いのメールを貰いました。
              「周りはいろいろ言っているけど、ここダマスカスは平和!
              人々は、のんびり暮らしているし、
              物価が安くて暮らしやすい良い所よ。
              紀元前何千年といういうアレッポの悠久の遺跡を観に来ない!」
              と書かれていました。

              その後、国の情勢が急速に悪化し始めたとかで、
              日本人に退避命令が出て、帰国するというメールを最後に、
              彼女からの連絡は途絶えました。
              もちろん、今は帰国してしている筈ですが!


              これから日本国始め、世界はどうなっていくのでしょうか?
              これからの若い子供たちのためにも
              世界が平和でありますように、と祈らずにはいられません。



              追記

              <後藤健二さんの言葉>

              目を閉じて、じっと我慢。怒ったら、怒鳴ったら、終わり。
              それは祈りに近い。
              憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。
              ーそう教えて教えてくれたのは
              アラブの兄弟たちだった。


              2010年9月7日、後藤さんがツイッターに書き込んだ78文字。
              ...英BBCは、この投稿を「平和のメッセージ」として、
              英訳で紹介した。







               
              | 想い | 23:42 | comments(0) | - | - | - |
              <旅の途中で>
              0
                <旅の途中で>


                今年も残すところ、あと僅かになりました。
                腰を患ってから、ガッツがなくなり
                年末の大掃除にも熱が入りません。
                まー、いいか!と…^^


                ところで、私のブログのタイトルですが、
                ブログを開設する時、
                迷わずこのタイトルが浮かんできました。



                健さん


                その後、自分のブログを検索していて、
                同じタイトルを発見しました。
                それが何と高倉健さんのエッセイのタイトルでした。
                書店の棚でその文庫本を探し出して読みました。
                彼らしい誠実な文章で綴られていまいた。
                この度の健さんの訃報に接し、又読み直してみました




                健さん2


                先日も追悼番組で「幸せの黄色いハンカチ」を観ました。
                やはり若き日の健さんはかっこいいですね。



                チエミ


                健さんの奥様だった江利チエミさんの歌が
                生前から好きで、今でもyoutubeで聞いています。
                「酒場にて」…浸みますね〜


                来る2015が良いお年でありますように!
                来年もボツボツ、参ります。
                宜しくお願いいたします!!


                cocoon


                 
                | 想い | 11:02 | comments(0) | - | - | - |
                歳末
                0
                  <歳末>


                  あと2週間余りで、今年も終わろうとしていますね。
                  地域音楽祭も無事終わりました。
                  楽しかったです♪



                  100日


                  2014…皆様にとってはどんな年でしたか?
                  我が家では何といっても、孫の誕生でした。
                  娘の孫はすっかり大きくなりましたが、
                  久々、息子の所に誕生した孫は、
                  余りのあどけなさに、感動しました。
                  小いさ過ぎるかしら?と編んだベスと帽子を、
                  「おくいぞめの日」に着て、待っていてくれました。
                  おじいちゃんに会わせたかったね…と皆が言いました。
                  授かった命を、皆で慈しんで育てたいと思いました。






                  ルミナリエ2

                  ルミナリエ1



                  昨日は、寒風吹き荒ぶ中、ルミナリエに
                  ほんのちょっとだけ顔を出しました。
                  青色LEDで沸いた歳末でしたが、
                  今年のルミナリエは、暖色系で暖かく感じました。

                  ホットワインを頂きながら、
                  観光客の方々といろいろなお話が聞けて
                  楽しかったです。
                  遠くから来て頂いて、感謝感謝です。



                   
                  | 想い | 14:03 | comments(0) | - | - | - |
                  <御岳山噴火>
                  0

                    <御岳山噴火>

                    御岳山

                    久々の更新です。

                    あの日の噴火から19日。7人の安否が分からないまま、
                    御嶽山の今季の捜索を打ち切った。

                    安否不明者の家族からはこの日、自衛隊のヘリで40分、
                    上空から捜索現場を初めてみた…。
                    (10.17 朝刊より)

                    「今季の捜索打ち切りが決まった御岳山の麓で17日、
                    自衛隊や警察、消防への感謝式が開かれた。
                    整然と並んだ300人の捜索隊員を前に、
                    阿部守一長野県知事は「皆様の活動を胸に刻み
                    防災対策に全力を傾けていきたい」と話した。
                    (10.17 夕刊より)

                    祈るような気持ちで、毎日捜索を見守っていた私達でしたが
                    とうとう、この日が来たかの思い、一入でした。
                    が、過酷な状況の中、必死の捜索を繰り広げて下さった
                    多くの捜索隊員に心から、感謝したい気持ちで
                    一杯になりました。
                    遺族の方々からも、感謝の声が寄せられたとのことです。


                    <いつかある日>
                    深田久弥(日本語詞)
                    西前四郎(作曲)
                    (原詩 Roger Paplat)

                    1 いつかある日 山で死んだら
                    古い山の友よ 伝えてくれ

                    2 母親には 安らかだったと
                    男らしく死んだと 父親には

                    3 伝えてくれ いとしい妻に
                    俺が帰らなくても 生きて行けと

                    4 息子達に 俺の踏みあとが
                    故郷(ふるさと)の岩山に 残っていると

                    5 友よ山に 小さなケルンを
                    積んで墓にしてくれ ピッケル立てて

                    6 俺のケルン 美しいフェイスに
                    朝の陽が輝く 広いテラス

                    7 友に贈る 俺のハンマー
                    ピトンの歌声を 聞かせてくれ


                    若き日、新宿の歌声喫茶で歌った歌です。
                    最近、まだあの歌声喫茶が場所を変え、
                    存在している事を知りました。

                    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


                    毎日、慌しい日々を過ごしています。
                    孫も2ヶ月になり、日に日に成長して
                    最近顔を見るとにっこり笑いかけてくれるようになりました。
                    孫のためにもう少し頑張ろうと思うようになりました



                    えれん

                     
                    | 想い | 12:10 | comments(0) | - | - | - |
                    <あっ、もう9月ですね!>
                    0
                      <あっ、もう9月ですね!>

                      今年の夏は、暑かったのか涼しかったのか…。
                      土砂災害続きの大変な夏だったような気がします。
                      被災した皆様は、今でも避難所暮らしの方も多く、
                      肉親を亡くされた皆様を思う時、心は晴れません。
                      天が怒っているのでしょうか?
                      「人間よ、もっと謙虚に生きろ!」と。



                      ベービー


                      そんなこんなの中、我が家でも
                      小さな命が誕生しました。元気な女の子です。
                      大きな声で泣いて、新米パパママを翻弄しています^^

                      腰痛を押してたまには沐浴をお手伝いしたり、
                      お食事の差し入れと、右往左往の毎日です。
                      おくるみも縫いました。バーバの自己満足の世界です。



                      おくるみ

                      おくるみ2


                      季節の変わり目です…体調には気を付けましょうね。
                      小さなお知らせでした。




                      eren

                      追伸  バババカ画像です^^


                      村岡花子

                      追追伸^^ 村岡花子先生
                      (教師時代の画像です。同窓会通信より)





                       
                      | 想い | 12:42 | comments(2) | - | - | - |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Mail
                      + Revlver Maps
                      + More
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ