旅の途中で

<< <Tさんへ> | main | <agein 柴田トヨさん> >>
震災から17年
0


    < 震災から17年>

    1.17


    竹灯籠に明かりを灯し、黙とうする人たち
    (17日午前5時46分、神戸市中央区の東遊園地で)
    (読売新聞社)

    東日本大震災は、犠牲者の数や災害規模で、
    戦後の自然災害史を塗り替えてしまった。
    されど一つ一つの天災の、悲しみの記憶までは、
    置き換えられない。
    3.11に「上書き」されることなく1・17が巡り来た。
    (1.17朝日新聞「天声人語」より)



    今年も又、巡り来た1.17。
    あの日、この大震災に遭遇しながら、
    一枚の画像を残す事が出来ませんでした。
    それほどに衝撃的なあの日だったのです。

    以下の画像は、朝からネット検索で頂いた画像です。
    もし不都合がある場合は削除いたします。
    (青文字は私のコメントです)


    鷹取

    燃え上がる神戸の街
    (明るくなった我が家の遥か東の空から
    もくもくと黒い煙が上がり始めました。
    火事が発生した長田方面からでした)

    焼ける

    水がなく立ち尽くす消防署員
    (水が届かず、ただただ燃える街をどうするすべもなく
    見つめる署員。火事は二日間燃え続け
    瓦礫から雑出できない人々の犠牲者が甚大でした)


    呆然とする市民

    呆然とする人々
    (爆撃にあったような板宿や長田の街を
    数日後、バスで通りました。
    まだ煙はくすぶり続け、花束があちこち置かれた
    あの情景は、昨日のように蘇ってきます)


    三宮

    倒壊した三宮飲食店街
    (用事を抱えて、このような街の中を歩きました。
    救急車のサイレンと、余震が囂々と襲う中、頭上を気にしながら)


    ビル

    倒壊したビル
    (神戸三宮のメイン通りのど真ん中にビルが横たわっていました)


    捻じ曲がったビル

    捻じ曲がったビル
    (ビルが捻じ曲がり、中からブラインドが無数に
    ぶら下がっているこのビルの前も歩きました)


    倒壊した阪神高速

    倒壊した阪神高速神戸線
    (まさかまさかの高速道路の倒壊…。
    あれから高速道路の下を走るのが怖くなりました)



    友人、知人、息子の友人…犠牲になりました。
    ご家族の悲しみはいまも消えることはない筈です。
    ご冥福を心からお祈りします。




    | 神戸 | 11:24 | comments(0) | - | - | - |









    【コミュニケーションエリア】
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Mail
    + Revlver Maps
    + More
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ