旅の途中で

<< <薫風と共に、友来たる> | main | <坂の街> >>
<待っていたよ>
0


     <待っていたよ>



    ニワゼキキョウ


    この花ニワゼキショウが咲きだすと
    ワクワクドキドキ、落ち着かなくなります。

    一センチ弱の小さな花たちは、
    雑草や芝に混じって、
    人に踏みつけられそうな場所に咲きます。

    この所、植栽の職人さん達が
    マンションに出入りしていたので
    はらはらしていました。


    ニワゼキキョウ2


    そしてやっとその作業が終わり、
    あー、よかった!
    元気に待っていてくれました。
    がんばったね、と声を掛けました^^



    | 花たち | 23:54 | comments(6) | - | - | - |
    この小さな花が好き
    この小さな花を待っているあなたが
    すてきです。
    あなたのそんなところが
    私は好きです。




    | すず | 2013/05/30 11:25 PM |

    >すずちゃん

    いつもコメントありがとう!
    眼が悪い割りに、小さな草花が好きで、
    寄り眼して、カメラを睨んでいます。
    きっと変なおばさんに見えるでしょうね^^

    今もベランダで、小さな蕾が膨らみ始めた
    紫陽花たちと話していました。

    今日始めて、とうさんがデイサービスの車に乗って
    一人で体験に行きました。
    走り去る車の後姿に、ふと涙が出ました。
    | cocoon | 2013/05/31 12:04 PM |

    そうですか。
    なんかその涙わかります。
    少しだけ先を歩んでいるcocoonさん
    みてます。
    また、上高地の時のように、
    楽しい旅行きたいです。
    大山寺も充分にすてきな時間でしたが。

    | すず | 2013/05/31 6:54 PM |

    >すずちゃん

    帰ってきた父さんはちょっとお疲れモードでした。
    眼が不自由なだけに、環境にも順応し難いのかも。

    周りから押し出されるように作った環境は、
    決して本人にとってベターな環境ではないはず。
    ちょっと、考えさせられています。

    施設のバスに乗っていたお年寄りたちも、
    好んで行く人、追われるように行かなくてはならない人々…
    さまざまのようなような気もしました。

    誰もが迎える老い行くことを考えさせられました。
    安堵の表情を浮かべて昏々と自分のベット眠る
    父さんを見て複雑です。


    | cocoon | 2013/06/01 11:50 AM |

    生意気かもしれませんが、
    私はそう思いません。
    周りから押し出された環境かもしれませんが、
    いろんな意味でお二人のチャンスかも。
    これからも
    ご主人を大切にされてください。
    でも、ご自分も
    大切にしてください。
    生意気を言ってごめんなさい。
    | すず | 2013/06/02 12:31 AM |

    >すずちゃん

    ご心配有難う。
    私たちは大丈夫です。
    ぼつぼつ参ります^^
    | cocoon | 2013/06/02 10:43 AM |










    【コミュニケーションエリア】
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Mail
    + Revlver Maps
    + More
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ