旅の途中で

<< <ろまつ号乗車> | main | <京都 岡崎〜銀閣 散策> >>
<御岳山噴火>
0

    <御岳山噴火>

    御岳山

    久々の更新です。

    あの日の噴火から19日。7人の安否が分からないまま、
    御嶽山の今季の捜索を打ち切った。

    安否不明者の家族からはこの日、自衛隊のヘリで40分、
    上空から捜索現場を初めてみた…。
    (10.17 朝刊より)

    「今季の捜索打ち切りが決まった御岳山の麓で17日、
    自衛隊や警察、消防への感謝式が開かれた。
    整然と並んだ300人の捜索隊員を前に、
    阿部守一長野県知事は「皆様の活動を胸に刻み
    防災対策に全力を傾けていきたい」と話した。
    (10.17 夕刊より)

    祈るような気持ちで、毎日捜索を見守っていた私達でしたが
    とうとう、この日が来たかの思い、一入でした。
    が、過酷な状況の中、必死の捜索を繰り広げて下さった
    多くの捜索隊員に心から、感謝したい気持ちで
    一杯になりました。
    遺族の方々からも、感謝の声が寄せられたとのことです。


    <いつかある日>
    深田久弥(日本語詞)
    西前四郎(作曲)
    (原詩 Roger Paplat)

    1 いつかある日 山で死んだら
    古い山の友よ 伝えてくれ

    2 母親には 安らかだったと
    男らしく死んだと 父親には

    3 伝えてくれ いとしい妻に
    俺が帰らなくても 生きて行けと

    4 息子達に 俺の踏みあとが
    故郷(ふるさと)の岩山に 残っていると

    5 友よ山に 小さなケルンを
    積んで墓にしてくれ ピッケル立てて

    6 俺のケルン 美しいフェイスに
    朝の陽が輝く 広いテラス

    7 友に贈る 俺のハンマー
    ピトンの歌声を 聞かせてくれ


    若き日、新宿の歌声喫茶で歌った歌です。
    最近、まだあの歌声喫茶が場所を変え、
    存在している事を知りました。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    毎日、慌しい日々を過ごしています。
    孫も2ヶ月になり、日に日に成長して
    最近顔を見るとにっこり笑いかけてくれるようになりました。
    孫のためにもう少し頑張ろうと思うようになりました



    えれん

     
    | 想い | 12:10 | comments(0) | - | - | - |









    【コミュニケーションエリア】
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Mail
    + Revlver Maps
    + More
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ