旅の途中で

<< <母の日> | main | 「緑のコンサート」 >>
<堀文子展>
0

    <堀文子展>


    県立美術館

    兵庫県立美術館


    堀文子


    堀文子展「一所不在.旅」(ひとりで生きる)…。

    大きな衝撃をうけました。
    その生き方に、画風に!
    型に嵌まることもなく、奢ることもなく、
    しかも自由に…。しかし

    「“自由は命懸けの事、
    “群れない、慣れない、頼らない”をモットーに
    好奇心を生涯保ち通している」
    と語る
    プロモーションビデオの中の堀さんは、
    97才とは思えないほど、美しく聡明で品よく、
    感動しました。

    1918年生まれ。
    ご主人を1960年に亡くされたとか!
    一つの所に安住することなく、
    一筋の道を歩き続けている姿に
    何度も心打たれました。

    展覧会が終わる前に、
    もう一度観に行きたいと思いました。



    扇子


    図録を購入したらこんな素敵な扇子が付いて来ました。

    そして、又行ってきました(^^♪
    以前にも増して熟年の女性の
    鑑賞者が多かったように思えました。




    青春


    美術館の外へ出ると其処はウォーターフロント。
    若い女性たちが青春していました。
    ド・ソ・ミ・ソ♪〜
    悩み多き青春時代も又、ほろ苦く懐かしいですね。



     
    | 想い | 10:50 | comments(0) | - | - | - |









    【コミュニケーションエリア】
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + Mail
    + Revlver Maps
    + More
    + Twitter
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ