旅の途中で

<お元気ですか?>
0

    <お元気ですか?>


    パソコンを開けるのは、ちょっと撮った画像を編集する時だけ。
    久々、自分のブログにアクセスして…びっくり!!
    結構、沢山の方々が覗いて下さっていたんですね。
    有難うございました。
    cocoon、生きていました(*^_^*)

    パソコンも新しくした訳でもなく、意欲的に生きている訳でもなく、
    まだまだ先の見えない生活をしています。

    最近、ミシンを出してきて、ベビー服など縫っています。
    何年ぶりっでしょう…。
    息子の所に、来月ベービーが誕生します。
    産着というより、もう少し後で使える物を、
    テクテク縫っています。


    マント


    マント2


    そして、来週には、混声コーラスで「区民合唱祭」に
    初めて出場します。
    「世界の約束」(ハウエルの動く城)、
    「涙そうそう」「時代」の三曲です。

    三曲共、今の私の心境を歌ったものだったので、
    練習に行くと、何度も具合が悪くなり、
    出場は無理かな?と思いましたが、
    どうやら克服出来ました。

    という、ちょっとした現状報告になりました


    「ごきげんよう、さようなら」^^
    (私、「花子とアン」に少し関係があります^^)




     
    | 想い | 15:55 | comments(2) | - | - | - |
    <小説「ふるさと銀河線」>
    0


       <小説「ふるさと銀河線」>


      故郷2




      この所、眼の手術をしてから活字を
      読むのが楽になりました。
      本屋さん巡りも日課になりました。

      先日、山積みされていた文庫本の題に引かれ、
      「ふるさと銀河線」という短編集を求めました。
      元々、コミックの原作者が(作画は他の方)
      初めて書いた小説との事でした。
      9編からなる短編は、どれも読み終わると、
      ほっとしたり、じんときたりで、
      あっという間に読み終わりました。






      そして、その帯についていた
      「コミック版あり」の文字に惹かれ、
      其方も書店で取り寄せて頂き読んで見ました。
      コミックを読むのは久しぶりでしたが、
      小説を読んでいたイメージと余り違わず
      ほっとしました。「なるほどね!!」…と。

      そして、そのモノクロの絵に、
      恐れ多くも、色鉛筆で彩色までしてしまうという
      邪道をやらかしています(^_-)-



      ふるさと1




      | 想い | 23:48 | comments(0) | - | - | - |
      <阪神・淡路大震災19年>
      0


         <阪神・淡路大震災19年>



        6434人が犠牲となった阪神・淡路大震災から
        19年となった17日には、神戸を初め被災地では
        犠牲者を悼む行事がありました。


        私は、当日風邪気味でブログアップも出来ず、
        密かに冥福を祈っていたのですが、
        孫が昨夜(17日)神戸市の東遊園地
        (ルミナリエが開催された場所)で、
        画像を撮ってきてくれたので、
        1日遅れのアップとなりました。







        この場所では早朝から「1・17の集い」が開かれ、
        東日本大震災が起きた午後2時46分には黙祷が
        捧げられたそうです。


        東遊園地に並べられた竹灯籠には
        夕方、「1・17」と「3・11」の形が浮かび上がり、
        訪れた人々は二つの大震災の犠牲者を悼みました。


        あの日の出来事は、つい先日のように思い出され、
        あらためて身の引き締まる思いがしました。






        | 想い | 19:05 | comments(0) | - | - | - |
        <天使の梯子>
        0


           <天使の梯子>

          10月の終わりに、余りに弱った体力に自信がなくなり、
          思い切って近くの山に体力試しで登って来ました。

          あけび


          3時過ぎていたし、曇りのどんよりした天候。
          山道は結構薄暗かったのですが、
          こんなあけびが絡みついていたりで、
          もう山は秋の気配でした。


          天使の梯子


          展望台に着いて一服していたところ、
          急に雲の間から陽が篭れてきて、
          何と、眼前の淡路島と明石大橋を照らし始めました。
          正しく天使の梯子でした。
          それがブログの表紙です。

          思いがけない贈り物に、ちょっぴり心が癒されて、
          少し前向きになれそうな気がしました。

          これからもぼつぼつ参ります。
          どうぞ宜しくお願いいたします。

          | 想い | 10:18 | comments(4) | - | - | - |
          <季節は移ろい>
          0


             
            <季節は移ろい>


            すっかりのご無沙汰です。
            もっと早くブログの行く先を決めるはずでしたが、
            今になってしまいました。
            といってもまだまだ行く先の見えない、旅の途中です。



            あれから、まだ4ヶ月、早4ヶ月…。
            その間、以前から決まっていた白内障の手術を受け、
            世の中が明るくなりました。
            水彩画の世界から油絵の世界へと、
            美しい色彩の変化です。
            見えすぎて眩しく、
            外出にはまだサングラスが離せません。



            ほとんどカメラを持ち出すこともなく、
            更新することも出来ませんでした。

            やっと眼がまともになったので、
            事後処理(書類など)に追われていました。



            スズメ瓜




            ベランダの片隅に一本だけ残った沖縄スズメウリの
            葉の間から、小さな実が見えました。
            わぁ〜、この夏の酷暑に耐え、結実していました。
            台風が又、到来しそうだとテレビが報道しています。
            先ほど、家の中に入れてリースにしてみました。
            これで来年へと繋がりそうです。




            夕焼け



            先日、久々凄い夕焼けに気がつき、
            カメラを探して久々マンションの外階段を
            駆け上がりました^^
            いつの間にか秋も深まってきましたね。
            風邪など召しませぬように。



             

             

            | 想い | 18:01 | comments(0) | - | - | - |
            <同行二人>
            0


               <同行二人>


              papa

              papa


              紫陽花が満開の候、
              6月25日午後5時15分、夫が逝きました。
              物静かな夫は、我が侭な私のおしゃべりを、
              何時もうんうんと聞いてくれる優しい人でした。

               

              突然の別れでしたが、又会えるので大丈夫!
              それまで、家族みんなで頑張るから
              見守っていてね。
              これからは「同行二人」
              どうぎょう・ににん
              あなたと二人、旅を続けていきます。


              突然でしたので、なぜかまだ悲しみが沸きません。
              きっと私を解放して、ゆったり行きなさいとの
              優しい配慮だったと思えます。






              そのような訳で、このブログの行く末は解りません。
              時間をかけて、ゆっくり考えていきます。
              拙いブログを訪れて下さり、
              心から感謝いたします。


              落ち着かず、画像挿入が上手くいきません。
              お許し下さいm(__)m



               

              | 想い | 03:05 | - | - | - | - |
              <望郷>
              0


                 <望郷>







                | 想い | 22:47 | comments(4) | - | - | - |
                アナベル咲く
                0


                   <アナベル咲く


                  慌しい日々が続いています。

                  土曜日に久々「混声コーラス」の
                  練習に行ってきました。
                  来月の中旬に行われる
                  「区民コーラスの集い」の
                  練習に熱が入っていました。

                  一ヶ月のブランクはありましたが、
                  友人に、練習を録音して頂いていたので、
                  どうやら付いていくことが出来ました。

                  「衣装どうします?」
                  リーダーさんに聞かれました。
                  「お願いします」
                  即座に答えた自分に驚きました^^
                  そうそう、何事も目標をもって進んでみようと!

                  家族も協力してくれる事に。
                  「何時やるか?」「今でしょう!!」^^


                  その衣装のブラウス、なんとアナベルの
                  花のような可愛いものです。
                  よし〜、がんばろ〜。

                  が、其の前に、20頁の暗譜が問題です^^




                  anaberu

                   



                  タイミング良く、アナベルが咲きました。
                  昨年の今頃、神戸森林植物園で
                  紫陽花見物に行った際、
                  15cmほどの小さな苗木を見つけて
                  求めてきたものです。



                  冬には葉を落とし、駄目かと思っていたのに、
                  見る間に成長して、
                  こんな真っ白な花が咲きました。
                  「花は咲く♪」
                  アナベルに後押しされ私も頑張ります。





                  | 想い | 13:57 | comments(0) | - | - | - |
                  <明日、ブラジルW杯アジア最終予戦>
                  0


                    <明日、ブラジルW杯アジア最終予戦>


                    本田


                    3日朝、日本代表FW本田圭佑が赤ちゃんを抱いて帰国!
                    先日のブルガリア戦が完敗している日本にとって、
                    本田の帰国も危ぶまれていた時だけに、
                    その帰国姿には、誰でも度肝を抜かれたと思います。
                    でもこの人、只者ではありませんね。
                    余裕にも見えるけれど、密めたる胸の内が見え隠れします。
                    明日の激戦が楽しみになってきました




                    帰国前の記者会見での本田の言葉。


                    「僕の歩んでいる道は順風満帆ではなく、
                    それでもこうやって何年かに1度
                    神様がプレゼントをくれるんです。
                    神様に毎年くれるように交渉したいところですけど、
                    これからもおそらく自分が進む道は
                    一筋縄ではいかないでしょうし、
                    さらなる困難が待ち受けてるんじゃないかなと思います。
                    それでも悔いなく楽しんでいこうと思っています。
                    すべては自分が選ぶ道なので、しっかり責任を
                    持って進んでいきたいなという気持ちがあります」


                    すべては自分−。
                    「自問自答」した日本代表と、本田が示すものとは。
                    (モスクワにて)

                    ニース記事より抜粋しました。



                    追伸 6・4

                    日本が5大会連続W杯出場! 



                    豪州に先制点を許した日本。
                    しかし、本田のPKで豪州と土壇場でドローに。


                    pkを決めた本田


                    PKを成功させ歓喜する本田
                    (埼玉スタジアム)
                    さすがにエース本田です。


                    実は私は遠藤のファンです(*^_^*)





                    | 想い | 19:09 | - | - | - | - |
                    <足るを知る>
                    0

                       
                      <足るを知る>

                      すふぃあ



                      「足るを知る」という名言があります。


                      ブログ友のサイトを訪れた際、
                      こんな素敵な詩に出会えました。


                      人間って自分を含めて欲の深いものです。
                      反省至極です。

                       

                      (Hさん、すふいあさんの言葉、
                      お断りなしにお借りしてしまいました。
                      もし、不都合がありましたら
                      消去しますねm(__)m)


                       

                      | 想い | 01:15 | comments(0) | - | - | - |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + Mail
                      + Revlver Maps
                      + More
                      + Twitter
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ